幼年時代の思い出


わはは、えへへ、おれらは笑い三人組、何しちょるとね!!

お笑い三人組を真似して、はしゃいだ 橘木と松岡と俺

  • かぐや姫 
  • 友だちとの別れ

お笑い三人組は1950年代から1960年代にかけてNHKで放送された人気番組です。主役は落語家の三遊亭小金馬(後の4代目三遊亭金馬→2代目三遊亭金翁)、講談師の一龍齋貞鳳、ものまね芸人の3代目江戸家猫八でした。彼らは「あまから横丁」という架空の町で様々な騒動を起こし、視聴者を笑わせました。

この番組は、ラジオとテレビで同時放送されたり、時代劇になったりと、何度もリニューアルされました。最も有名なのは第3期の「あまから横丁」で、金ちゃんがラーメン屋、正ちゃんがクレジット会社員、八ちゃんがクリーニング屋という設定でした。彼らのギャグや歌は大流行し、エンディングでは3人が踊りながら「八ちゃん、おたまちゃん、うー」と叫ぶのがお約束でした。

お笑い三人組は、日本のテレビコメディの先駆者として評価されています。彼らは後に「お笑い王国」という番組でも共演しましたが、1969年に猫八が亡くなり、1971年に貞鳳が引退しました。小金馬はその後も落語界で活躍しましたが、1985年に死去しました。

お笑い三人組は、今でも多くのファンに愛されています。彼らの演じたあまから横丁は、日本の昭和時代の風景として記憶されています。話を私の思い出をすれば小学2年か3年の頃だと思います。
初めて、公民館に置かれたテレビから放映される白黒の画面にお笑い三人組のトリオをみて、びっくりして 、面白かったので 橘木(仮名)松岡(仮名)
三人が夫々の役になって、その物まねをしながら、肩をくんで学校から帰るときの一幕を思い出す

かぐや姫

小学何年生だったかは、しっかりと思い出せないが、なたぶん4年生の時だったと思う。
一クラスの人数は40人ぐらいっだったとおもう。何クラスあったかは
分からない、しかし、覚えているシーンはかぐや姫が月に昇るのを、止めようとする、