猫好き著名人のエッセイ

猫にまつわるエッセイ

  • 伊丹 十三
  • 池波 正太郎
  • 村上 春樹
  • 夏目 漱石

私は猫が好きだ。猫は自分の世界を持っていて、人間に従わない。それが魅力的だと思う。私は猫に対して、尊敬と愛情を持って接している。猫は私の家族の一員だが、同時に私の友人でもある。猫と一緒に過ごす時間は、私にとって貴重なものだ。猫は私の心を癒してくれるし、時には笑わせてくれる。猫は私にとって、生きる喜びの源泉だ。

私は歴史小説家として、江戸時代の世界を描いてきた。江戸時代には、猫は人間と密接な関係を築いていた。猫は人間の暮らしを豊かにし、害虫や悪霊を退治する役割も果たしていた。私は江戸時代の猫に興味がある。そのために、古書や絵画などで猫の姿や生態を調べてきた。私は自分の作品にも、猫を登場させることがある。猫は江戸時代の風情を表現する素材として、欠かせない存在だと思う。

私は長年、猫と暮らしてきた。猫は私の作家生活に欠かせないパートナーだ。猫は私の執筆を邪魔しないし、静かに見守ってくれる。猫は私にインスピレーションを与えてくれることもある。私は猫の不思議な魅力に惹かれる。猫は人間よりも深い知恵や秘密を持っているように感じる。私は自分の小説にも、猫を登場させることが多い。猫は私の物語の中で、重要な役割を果たしてくれる。

私は若いころから、猫が好きだった。しかし、私は自分で猫を飼ったことはなかった。それは、私が自分の気持ちを表現することが苦手だったからだ。私は猫に対して、愛情や感謝を伝えることができなかった。しかし、私は他人の家で見かける猫や道端で出会う野良猫に対して、強い興味や好奇心を抱いていた。私はそんな猫たちを観察し、想像し、文章にした。私は「吾輩は猫である」という作品で、猫の視点から人間社会を風刺した。私は猫を通して、自分の思いや考えを表現したのだ

その他の有名な、野坂 昭如、養老 孟指さんもエッセイを描いていて、それぞれ猫に対する
深い思いと愛着を持って猫に接していることをエッセイとして出されている