猫の健康管理

  • 年に1回 病院で健康チェック
  • 予防接種
  • よい動物病院の探し方 かかり方
  • 早期発見は飼い主の注意 観察
  • 異変を見つけたら すぐに主治医
  • 簡単な手当てを知っておく
  • 猫にとって毒性の植物
チェックするポイント
耳 においがする、汚れている
鼻 鼻血や鼻汁、乾くなど
喉 リンパ腺がはれ、異音咳
腹 貼らんでしこりがある 
皮膚 老け、かゆがる 脱毛
胸、 呼吸が早い
一番は元気がないのが2,3日続くと
どこかが悪いのかと判断できる

  • 猫の仕草 いろいろ

    猫の仕草 いろいろ

    これは、猫の仕草の一部です。猫は個体差があり、同じ仕草でも異なる意味を持つことがあるため、猫の性格や習慣を観察…

  • 家の中で、猫を飼うとき

    家の中で、猫を飼うとき

    jijiは一人っ子、甘えん坊 恥ずかしそうなそぶりをしながら、足元に来てすり寄ってきて前足を私の顔に差し向けて…

  • 猫好き著名人のエッセイ

    猫好き著名人のエッセイ

    猫好きには猫の寝顔は癒される   猫にまつわるエッセイ 伊丹 十三の猫に関するエッセイの感想 私は猫が好きだ。…

猫を飼う前に知っておくこと

猫は肉食動物であり、狩猟本能やマーキング行動などを持っています。猫に過剰な期待をせず、猫の気持ちに寄り添ってあげることが大切です。

  • 猫の月齢や成長に応じたケアをすること。子猫は成長が早く、食事やトイレ、遊びなどに細やかな配慮が必要です。また、爪切りやブラッシングなどの身だしなみも定期的に行ってあげましょう。
  • 猫が快適に暮らせる住宅環境を整えること。猫は室内飼いが基本ですが、運動不足やストレスを防ぐために、十分なスペースや遊具を用意してあげることが必要です。また、家具や壁の爪とぎを防ぐために、爪とぎ用具を置いてあげましょう。
  • 猫の飼育費用や医療費用を考えること。猫の飼育にはフードやトイレ用品、おもちゃなどさまざまなアイテムが必要です。また、予防接種や健康診断、病気や事故の際の医療費用もかかります。猫の一生を責任を持って面倒を見られるかどうか、よく考えましょう。

居心地のいい環境づくり

  1. 飼育スペースの確保:猫には十分な運動スペースが必要です。特に屋内飼いの場合は、家の中に猫専用のスペースを設けるなどして、自由に運動できるようにしてあげることが重要です。
  2. 餌と水:猫には適切な栄養が必要です。猫用のキャットフードを選び、適切な量を与えてください。また、いつでも飲み水が取れるように、水を常に入れておくことも大切です。
  3. 猫砂の用意:猫は排泄するために猫砂を使用します。猫砂は、定期的に取り替えて清潔に保ち、猫が使用しやすい場所に設置することが大切です。
  4. 猫用具の準備:猫用の爪とぎ、トイレ、おもちゃ、寝床など、猫が快適に過ごせるような用具を準備してください。
  5. 定期的な獣医の診察:猫は定期的な獣医の診察を受けることが必要です。健康チェックやワクチン接種などを行い、病気の早期発見・治療につなげましょう。
  6. 心のケア:猫は社交的な動物ではありませんが、適度な運動や遊び、愛情表現など、猫が心身ともに健康的に過ごせるような環境を整えることが大切です。

猫の気持ちになってしてあげよう

飼育スペースの確保:猫には十分な運動スペースが必要です。特に屋内飼いの場合は、家の中に猫専用のスペースを設けるなどして、自由に運動できるようにしてあげることが重要です。

以上が、猫をペットにして飼育する際に必要なことの一部です。猫の性格や種類によって異なる面もあるため、獣医師や専門家のアドバイスを参考に、猫が快適に過ごせるような環境を整えましょう。